お祝いのマナーについて

小学校入学祝いのマナーについて

お祝いを贈る時期について

小学校の入学祝いは、「入学時に必要なものは1ヶ月前、それ以外は入学式当日までに」届くようにしてください。

お祝いの金額の相場について

☆祖父母から孫、甥っ子、姪っ子への金額の相場

自分の立場・・・金額の相場

親類の相場・・・5千~2万円

☆友達の子供への金額の相場

自分の立場・・・金額の相場

友達の相場・・・3千~1万円

のしの書き方について

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御祝」「御入学御祝」「祝 ご入学」など

表書き/姓名:上書きより小さめの文字でフルネーム

おすすめなお祝いギフトについて

入学式などに着るスーツなどの洋服、学習机、ランドセルなど高価なものは、祖父母が贈ることが多いようなので、祖父母以外の人は遠慮した方がよいでしょう。

お祝いの品としては、文房具のセットや鉛筆削りなどの学用品、電気スタンド、目覚まし時計、小学生用の国語辞典など、勉強に役立つものが選ばれることが多い。

通学に使えるセーターやシャツを選ぶこともあります。

この場合にも、やはり重複を避けるため、前もって予算を知らせ、希望を尋ねておくのがよいでしょう。図書カードや文具券などの各種ギフト券も喜ばれます

ギフトに添えるメッセージカードの文例について

・一年生おめでとう。小学生になって、グーンとおりこうになったんだってね。勉強がんばってね。

・一年生おめでとう。足取りにあわせて、ランドセルがカタカタ揺れるかわいい姿、目に浮かぶようです。

・さとし君の小学校入学おめでとう。小さな翼で大きくはばたいてください。

・一年生おめでとう。たくさん遊んで、たくさんお勉強して、早く大きくなあれ。

・ゆう君のご入学おめでとうございます。元気で豊かな心の子どもに育つよう祈っています。

・一年生おめでとう。学校大好き、お友達大好きになってね。

・かわいい一年生おめでとう。泣き虫、いじめっ子になっては駄目だよ。

内祝い(お返し)のマナーについて

身内のお祝いなので、お返しは不要ですが、お礼の言葉を伝えることと、お礼状は必ず出してください

お礼状は、子供が小さいうちは親が代書し、子どもの手書きの絵や文字を添えるようにしてください。

そして、お祝いをいただいた方の子どもが入学する際は、同様のお祝いをしてください

☆内祝い(お返し)の金額の相場や品物

それほど親しくしていない人から入園のお祝いをいただくこともあります。

贈る側としては、心からお祝いの気持ちを表したいのですから、受け取っておくほうがよいでしょう。

気軽なものならきちんとお礼をすればすむのですが、高価なものが届いた場合にはどうしたらよいか悩んでしまいます。かといって、返送するのは角が立つものです。

気になるようなら「今後はお気遣いなく」という趣旨の礼状とともに、「同額程度のお返し」をするのがよいでしょう

その場合は「商品券」などを選ぶとすっきりするものです。

☆内祝い(お返し)ののしの書き方

水引:紅白や金銀の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御礼」など

表書き/名前:上書きより小さめの文字でフルネーム

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より

「冠婚葬祭ブック」より

「てがみ・はがき・文書文例大事典」より

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

達磨の紹介について

受験応援だるまの紹介

合格祈願のプレゼント

受験用の必勝だるま

受験生への応援プレゼント

受験生へのプレゼント

受験生への贈り物