お祝いの文例について

小学校入学祝いの手紙について

小学校入学のお祝いに添えるメッセージの文例について

ポイント:お祝いは現金が無難ですが、「本来は記念になる品をと思ったが失礼ながら(現金で)」という断りを入れるとていねいです。

このたびは、健太君の小学校入学おめでとうございます。

かわいらしくよちよち歩きをしていたのがつい昨日のことのように思えますのに、お子さんの成長はほんとうに早いものですね。博子さんもこれまで子育てに追われ、お忙しい毎日だったでしょうから、感慨もひとしおでしょう?これから、少しは余裕もできることでしょうから、ご自分のためにも時間を使うようになさってくださいね。

こちらは、心ばかりのお祝いです。どうぞお納めください。何か学校で使う品をと思ったのですが、うちは、もう子供も大きくなってしまって、今の流行や必要なものがわかりませんの。失礼かと思いましたが、お宅様でお選びくださいませ。

それでは、これから回るところもございますので、ここで失礼しますね。ご主人様にもどうぞよろしくお伝えください。

親からのお礼状の文例について

拝復 暦のうえでは春と申しながら未だ厳しい寒さが続いておりますが、いよいよご健勝のこと、なによりと存じます。いつもひとかたならぬご厚情にあずかり、まことに感謝しております。

さて、このたびは長男信博の入学に際しさっそくのご祝詞と結構なお祝い品を賜わり、厚くお礼申し上げます。

◯◯大学は、本年は特に競争率が高く本人も半ばあきらめの心境でいたらしく、意外な合格に喜びもひとしおの様子でございました。まったくの僥倖で、実力のたまものとは申しにくいのでございますが、それでも私どもの喜びに変わりはございません。

今後はご期待に背かぬよう勉学専心させたく存じておりますが、よろしくご指導とご忠告のほどお願い申し上げます。

 まずは、とりあえずお礼申し上げます。
敬具

子ども本人からのお礼状の文例について

おじいちゃん、お変わりありませんか。僕も家族もみんな元気です。

先日は、入学祝いをありがとうございました。おじいちゃんからのお祝いの言葉に、僕も昔を思い出しました。今では、母に「こんなに生意気になって」と、よく冗談を言われます。小学生のとき、最初にサッカーボールをプレゼントしてくれたのはおじいちゃんでしたね。高校でもサッカー部に入ります。

いただいたお礼は、必要な道具を揃えるのに使わせていただきます。部活も勉強も精いっぱい頑張りたいと思います。またおじいちゃんに会える日を楽しみにしています。どうぞお体を大切に。まずは、お礼まで。

高校入学のお祝いに添えるメッセージの文例について

ポイント:節目にあたり、年長者らしい訓示を込めたお祝いを。引用は、アメリカの思想家・詩人のエマーソンの言葉から。

雄介君、高校合格おめでとう。第1志望の高校だそうじゃないか。今までの努力が実を結んで、本当によかったね。

おじさんも、だんだん昔を懐かしむ年齢になって、最近はよく同窓会をするんだが、高校の友人というのは格別だね。高校以来ずっとつきあっている仲間もいれば、最近同窓会で親しくなった人もいるけれど、やはり一生の友という気がするよ。雄介君も、いい親友ができるといいね。

そうだ、最近、友人まつわるいい言葉を知ったんだ。「よき友人を得る唯一の方法は、まず自分が人のよき友人になることだ」というんだがね。これは友人づくりに限らず、いろいろなことにあてはまることだよ。これからの君の人生でいちばん大切なのは、コミュニケーション能力だからね。

仲間との出会いを大事にして、有意義な高校生活にしてください。おめでとう。

大学入学のお祝いに添えるメッセージの文例について

隆宏君、T大法学部に合格、おめでとう。

お父さんの後輩になったわけで、さぞ、みなさん喜んでいることでしょう。何を贈ったらいいかいろいろまよったけれど、本好きな君にはぴったりの図書券を贈ることにしました。法律書だけでなく、文学書も将来きっと君の役に立つはずです。

中野に下宿すると聞いたけれど、一人暮らしでは不便なことも多いと思います。電車で1時間くらいなんだから、横浜の我が家にいつでも遊びに来てください。中学生になった長女の香織も君に会えるのを楽しみにしています。

末筆ですが、ご両親によろしくお伝えください。まずはお祝いまで。

「冠婚葬祭 手紙スピーチ全書」より

「贈答とお返しのマナー事典」より

「贈答のルールとお金の事典」より

達磨の紹介について

受験応援だるまの紹介

合格祈願のプレゼント

受験用の必勝だるま

受験生への応援プレゼント

受験生へのプレゼント

受験生への贈り物